« 2014年6月 | トップページ | 2014年10月 »

2014年7月13日 (日)

新型うおーるぼっとプロトタイピング(その2)

先日、スイッチサイエンスから発売された「mbed HRM1017」を使って、新型うおーるぼっとのプロトタイピングを行いました。

mbed HRM1017」はmbedのオンラインコンパイラでBLEのデバイスを手軽に開発できるボードです。これのファーストステップはスイッチサイエンスブログを参照下さい。

まずは、うおーるぼっとの動作テストを簡単にするためにiOS用のコントローラアプリ「RCBController」と「mbed HRM1017」を繋げるためのサンプルプログラムを作りました。

Rcb

サンプルプログラムはこちらで公開しているので、参照下さい。
センサー値等をiOS側に送るサンプルは多いのですが、この場合はその逆でiOSから操作情報を送るので参考にできる物が無かったのでちょっと考えました。
他の場合も応用できると思うのでサンプルプログラムを参考にしてみて下さい。

次にユニバーサル基板使ってモータドライバとセンサを組み合わせてハードを作りました。
01_4
もちろん磁石を取り付けて、ホワイトボードを走れる様にしました。

こちらが動作の様子です。(ホワイトボードを垂直に走らせています。)

RCBController」を左右のアナログスティックにして、それぞれ左右のモータのスピード、回転方向を操作できる様にしてあります。

今回のうおーるぼっとは初めからセンサー等を搭載予定です。
このプロトタイプでいろいろ動作を確認していきます。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

mbed祭り10

いよいよ10回目となるmbed祭り

「mbed祭り2014@夏の東銀座」

開催日は2014年8月30日となりました!

10_2
これまでに無い規模での開催を企画中です。
参加者募集開始は8月1日より開始予定です。

イベントページはDoorkeeperのコミュニティページで公開します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年7月 8日 (火)

mbedオンラインコンパイラの日本語対応

mbedはオンラインコンパイラで手軽にソフトウェアを作り、コンパイル→動かす手順が非常に楽でしたが、ソフトウェアを書くオンラインエディタが日本語に対応していませんでした。

しかしmbedの比較的日本のユーザーが多いということでとうとう日本語が入力できる様になりました。

2014/7/7現状はベータモードにすることで日本語入力が可能となっています。
他の機能追加と同じくいずれ、標準的に使える様になると思います。

日本語入力ベータモードへの変更は次のページを参照下さい。

https://mbed.org/forum/ja/topic/5030/

 

日本語ベータモードになったら、mbedサイトを開いた時の右上が次のようになるはずです。

01

これでオンラインエディタで日本語入力が可能になります。

02

今のところ、問題なく使えてますが、ベータなので不具合を見つけた場合は日本語フォーラム等に投稿すればオフィシャルで修正してくれるかもしれません。

mbedのサイトの機能でプログラムを公開する時にコメントをDoxgen形式で書けば自動的にドキュメント化してくれる機能があります。
これも日本語に対応していました。

これは私がパブリッシュしているTB6612FNGのライブラリですがこんな風にコメントを書いてパブリッシュすると・・。

04_3
   

パブリッシュしたプログラムのAPI Documentationページで自動的にこうなります。

05_3

全世界に公開する時は両方の言語で各必要があると思いますが、日本語対応はうれしいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年6月 | トップページ | 2014年10月 »