« JBBoard サウンドテスト | トップページ | Jksoft Blue mbed Board »

2014年5月 5日 (月)

JBBoard モータードライブテスト

mbedワークショップ用に用意したJksoft Blue mbed Board(以降JBBoard)の紹介を兼ねたプロトタイプテストの様子を書きます。

Mw01

今回はモータードライバのテストです。

他のテストの様子は下記のリンクから

LEDテスト
サウンドテスト

JBBoardには2つのモーターをコントロールできるTB6612FNGが搭載されています。
00

モーターの電源はバッテリー入力端子に接続された電源から取る様になっています。
ここからは2.5〜12Vの電源が入力できます。
004_2
DC-DCコンバータも搭載されているのでmbedや周辺回路用の5V電源もバッテリー入力端子に接続された電源から供給することができます。

一般的なDCモータ FA-130を接続したテストの様子。
01
電源は単三アルカリ電池で1.5Vx3で4.5Vですが、mbedへの電源はDC-DCコンバータで5Vに昇圧されます。
DC-DCコンバータにより電池2本の3Vでもmbedを駆動する事ができます。
逆に5V以上の電源を入力しても5Vを供給してくれる優秀なDC-DCコンバータを搭載しています。

タミヤの工作パーツのユニバーサルプレートやギアボックスで簡単な車を組み立ててみました。
03
JBBoardの取り付け穴は5mmピッチで穴があけられているユニバーサルプレートに取り付けられる様になっています。

USBホストコネクタにBluetoothドングルを挿せば、BTLEやSPPでスマートフォンからコントロールする様にすることもできます。
02

次の動画はiOSのAppストアで無料でダウンロードできるBTLEコントローラーアプリ「RCBController」でラジコンの様にiPhoneから遠隔操作するテストです。

|

« JBBoard サウンドテスト | トップページ | Jksoft Blue mbed Board »

mbed」カテゴリの記事

コメント

教えてください。
Jksoft Blue mbed Boardを入手しましたが、Bluetoothドングルがうまく作動しません。Mbed(Lpc178)にUSBドライバを入れる必要があると思うのですが、入れかたがわかりません。
よろしくお願いします。

投稿: yone | 2016年4月29日 (金) 10時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/189587/59590912

この記事へのトラックバック一覧です: JBBoard モータードライブテスト:

« JBBoard サウンドテスト | トップページ | Jksoft Blue mbed Board »