« はじめてのmbed電子工作 | トップページ | オープンハードウェアアイディアワークショップ »

2014年2月16日 (日)

赤mbed (EA LPC4088 QuickStart Board)

青mbed(mbed NXP LPC1764)のCPUスペックを越える EA LPC4088 QuickStart Boardがmbedプラットフォームに加わっています。
(ちょっと名前が長いので以降赤mbedと書きます。)

01

ちょっといじってみたくて手に入れました。
海外からですが購入は以下のページで出来ます。

http://www.embeddedartists.com/products/boards/lpc4088_qsb.php

赤mbedのスペックは次のような感じです。

CPU:LPC4088 Coretex-M4
クロック:120MHz
RAM:96KB(CPU内蔵) + 32MB SDRAM
FLASH 512KB(CPU内蔵) + 8MB
ペリフェラル:SPIx3 I2Cx2 UARTx3 PWMx6 ADCx6 DAC
USBx2 ホスト/デバイス
LAN
Display

CPUの性能が良い上に基板上にSDRAMとフラッシュが取り付けられています。
基板上にはXbeeなどが載せられるピンやLANコネクタやUSBコネクタも用意されています。

02

ピンは青mbedより若干多いですが、配置は互換しています。

03

PCとはUSBで繋げればドライブとして認識されます。

03_2

プログラムの書き込み方はほかのmbedと同様で、mbedのオンラインコンパイラからbinファイルをダウンロードして、認識されたドライブに置くだけです。
ファイルを置くときに一回マウントが解除されますが、正常な反応です。
青mbedとは異なり、置いたファイルは保持されません。

mbedのライブラリにも大半対応していて、新しいEthernetのライブラリにも対応しているのでネットワークに繋げるのも簡単です。
基板上のSDRAMやフラッシュにアクセスするライブラリも既に用意されています。

サンプルプログラムやライブラリは次のページを参照して下さい。

赤mbedサンプルプログラム

高スペックで機能盛りだくさんなのでいろいろ遊べそうですね。
コネクタ類も初めから取り付けられているのでかなりお手軽だと思います。

|

« はじめてのmbed電子工作 | トップページ | オープンハードウェアアイディアワークショップ »

mbed」カテゴリの記事

コメント

はじめまして。
mooと申します。
早速注文し入手したのですが、このボードのJTAGコネクタとULINK2(2.54mmピッチ20PIN)を接続する変換ケーブルか接続の回路図は入手可能でしょうか?

投稿: moo | 2014年3月 7日 (金) 14時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/189587/59140599

この記事へのトラックバック一覧です: 赤mbed (EA LPC4088 QuickStart Board):

« はじめてのmbed電子工作 | トップページ | オープンハードウェアアイディアワークショップ »