« mbedオンラインコンパイラの新機能 | トップページ | mbed祭りinNagoya »

2013年9月 1日 (日)

mbedプラットフォームとmbed LPC1114FN28ファーストタッチ

今年の2月にmbed2.0が始まり、SDKやHDKがオープンになりました。
そのことでmbedのオンライン環境に対応したボードやCPUが次々と増えています。

以前はmbed NXP LPC1768とmbed NXP LPC11U24のみでしたが、現在はこれだけ増えています。(http://mbed.org/platforms/ )
02_3

増えたプラットフォームの中で、国内で手軽に手に入るLPC1114FN28を試してみました。

LPC1114FN28は、扱いやすいDIP型のパッケージでブレッドボードやユニバーサル基板で回路を組むことが出来ます。価格も安く110〜210円で手に入れることが出来ます。

mbedのオンラインコンパイラでLPC1114FN28のコンパイルをする場合は、コンパイラの画面の右上端の対象デバイスをクリック

20130901_135650

対象デバイスを選ぶ画面が表示されているので初めて使う場合は「Add a device」をクリック
20130901_135620

プラットフォーム一覧が表示されるのでLPC1114FN28をクリック

20130901_135742

LPC1114FN28のページで「Add to mbed Compiler」をクリック

20130901_140102

対象デバイスの一覧に加わるので、それを選択します。

20130901_140534

コンパイラ画面の右上端が次の様になれば、LPC1114FN28向けにバイナリをコンパイルすることが出来る様になります。

プログラムを書き込む際にLPC1114FN28は他のプラットフォームと違いUSBインターフェースを備えていないので、パソコンとはUSBシリアル変換等で繋ぎます。
詳しくは次のページが参考になります。

http://mbed.org/users/ytsuboi/notebook/getting-started-with-mbed-lpc1114-ja/

また、mbed NXP LPC1768かmbed NXP LPC11U24(修正:現状LPC11U24は未対応とのこと)を持っていれば、専用の書き込みファームウェア「イカ醤油ポッポ焼き」を使って、LPC1114FN28にプログラムを書き込むことが出来ます。
これについては次のページを参考にしてみて下さい。

https://mbed.org/users/okano/code/ika_shouyu_poppoyaki/

さて、LEDを1つ繋いで、ファーストタッチと行きたいところですが、それだけはつまらないのでうおーるぼっとの1/4サイズで手のひらサイズのうおーるぼっとminiをプロトタイプしてみました。
LPC1114FN28には、スイッチ1つとLED4つ、赤外線リモコン受光モジュール、モータドライバを配線しています。あとmbed NXP LPC1748と繋いでソフトウェアを書き込むためのピンを出しています。
赤外線リモコン受光モジュールはテレビのリモコン等で遠隔操作できるように取り付けています。

もちろん磁石も取り付けて、ホワイトボードを垂直に走れる様にもしています。

01

モータドライバはうおーるぼっとと同じTB6612FNGを使ったのでモータドライバのライブラリはポートを変更するだけで共通です。
赤外線リモコンでの遠隔操作も公開されているライブラリを使用しました。

チョロQ用の赤外線リモコンでコントロールした様子が以下の動画です。

LPC1114FN28はトランジスタ技術等で紹介されていて、以前から手に入れてましたが環境構築の手間をなかなかかけられず、使っていませんでした。
mbedの環境で使用できると何でも手軽ですね。
対応プラットフォームも次々と増えてきそうです。

ほかのプラットフォームも気になるところです。
手に入れたらほかのもの試してみたいと思います。

|

« mbedオンラインコンパイラの新機能 | トップページ | mbed祭りinNagoya »

mbed」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/189587/58103459

この記事へのトラックバック一覧です: mbedプラットフォームとmbed LPC1114FN28ファーストタッチ:

« mbedオンラインコンパイラの新機能 | トップページ | mbed祭りinNagoya »