« 新設計うおーるぼっとR3(その1) | トップページ | 新設計うおーるぼっとR3(その3) »

2012年5月13日 (日)

新設計うおーるぼっとR3(その2)

以前のR2までのうおーるぼっとは電源回路とモータドライバの制約から単三アルカリ電池用と単三形ニッケル水素電池用と別々に基板を作らなくてはならなかったのと電池が少しでも無くなってくるとモータを回すとmbedがリセットを繰り返してしまっていましたが、新設計のうおーるぼっとは電源回路やモータドライバ回路を見直して、改善しました。

ギアボックスとタイヤ、電池ボックスを取り付け組み立てたうおーるぼっと
00

またR2まではあまり表沙汰にはしてませんでしたが拡張性もバージョンアップしました。
01
フロント部分の25ピンのピンソケットに載せて、機能拡張が可能です。
拡張ボードは共通で”バンパー”と名付けました。(Arduinoのシールド風に)
写真のはLED8個が取り付けられているナイトライダーバンパー(ネタが通じない人はごめんなさい^^)
他にも加速度センサーが搭載できるアクセルバンパーやカメラが搭載できるEyeバンパーを開発予定です。
アクセルバンパーを搭載して、壁走行時も重力に負けないように制御をかけて等速で走行するようにプログラミングしたり、Eyeバンパーでカメラによるライントレーサなどができるようになります。

今まで通り磁石も付いているのでホワイトボード走行可で、WiiリモコンやAndroid端末などでBluetoothを介して遠隔操作もできます。
↓こんな感じです。
youtube

ニコニコ動画

今までのうおーるぼっとは数台の限定生産でしたが、この新設計のうおーるぼっとR3は、近々量産を目指しとあるサービスで資金を集める予定です。このブログでも告知しますので、興味があればご支援下さい。

|

« 新設計うおーるぼっとR3(その1) | トップページ | 新設計うおーるぼっとR3(その3) »

うおーるぼっとキット商品化への道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/189587/54700996

この記事へのトラックバック一覧です: 新設計うおーるぼっとR3(その2):

« 新設計うおーるぼっとR3(その1) | トップページ | 新設計うおーるぼっとR3(その3) »