« mbedのローカル開発 | トップページ | Android Bazaar and Conference 2012 Spring出展 »

2012年2月15日 (水)

mbed RTOS (その1)

近々リリースされると噂でしたが、mbedのRTOS(リアルタイムOS) α版がリリースされました。
以前に紹介したmbedユーザーによるRTOSはありましたが今度はオフィシャルがCMSIS APIをサポートした形で公開されました。

http://mbed.org/handbook/RTOS

以下のRTOSの標準的な機能が使える様です。

スレッド(Thread)
排他制御(MUTEX)
セマフォ(Semaphore)
シグナル(Signals)
キュー(Queue)
メール(Mail)
RTOSタイマー(RTOS Timer)

RTOSを使うとスレッドによって複数の処理をスレッドという単位で同時に動かすイメージで扱うことが出来ます。排他制御、セマフォ、シグナル、キュー、メールはそのスレッド間で処理の順番やデータのやりとりを制御する機能です。
RTOSタイマーは一定の周期(間隔)で処理を動かしたいときに使う機能です。

今後、ちょっと使ってみて解析していきたいと思います。

|

« mbedのローカル開発 | トップページ | Android Bazaar and Conference 2012 Spring出展 »

mbed」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/189587/53994247

この記事へのトラックバック一覧です: mbed RTOS (その1):

« mbedのローカル開発 | トップページ | Android Bazaar and Conference 2012 Spring出展 »