« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »

2012年1月30日 (月)

mbed祭り2012 開催

1月29日(日)に第2回目となるmbed祭りを開催しました。
今回も多くの参加者を迎えて開催することができました。

425347_286839161369475_100001301812

前回同様mbedの中の人(mbed開発チーム)からビデオメッセージを頂きました。
(内容は会場のみの公開となっています。)

Twitterのまとめは↓

当日のライブ中継の様子は↓です。

前半

後半

(今回は @junTMUGさんに中継をご協力いただきました。しかもアーカイブも調整していただきました。感謝です。)

会場を貸していただいたアキバNet館さま、いろいろご提供いただいたNXPセミコンダクターズジャパン様、mbed開発チーム様ならびにプレゼンターの皆様には大変感謝です。

のちほど当日のスケジュールとプレゼンター紹介を載せます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月21日 (土)

iBooks Author

AppleからiBooksの最新版とiBooksのコンテンツが作れるiBooks Authorが発表されました。
発表の後、すぐに無料で公開されたので早速インストールして使ってみました。

簡単に言えば電子書籍を作るアプリですが、Keynoteで作ったプレゼンテーション資料やメディアコンテンツも載せて、iBooksで閲覧することが出来ます。

とりあえずmbedのドキュメントをちょこっと書いてみました。
20120121_40508
テンプレートがいくつか用意されているので作り始めも手間取らない感じ。
作る感覚はKeynoteやiWebに近いです。(どっちも同じ様なものだけど)

そして、MacにiPadを繋げばすぐにiBookで確認することが出来ます。
Photo
ムービーやギャラリーもiBooksで再生出来ちゃいます。

そして、完成したらiBookstoreで無料や有料コンテンツとして公開することが出来る様です。
誰もが手軽に公開出来るのはいいですね。

自分用の資料作成にもちょっと夢広がる感じです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月 6日 (金)

mbed NXP LPC11U24

ブログでも何度か紹介したCoretex-M0版mbedが日本でもスイッチサイエンスさんで販売が開始されました!

スイッチサイエンス mbed NXP LPC11U24

(スイッチサイエンスの写真では私の持っている試用版?とは色が変わってる?)
01

このM0版mbedは今までのM3版mbedmbed NXP LPC1768)と同じく本体にライセンス料込みで、オンラインの開発環境を使用することが可能。パソコンに繋げばUSBメモリとして認識されるところも同じです。

M3版M0版の比較はこちらを参照。

CPUの性能は下がっていますが、CPU自体の消費電力が下がったことやDeepSleepに対応したこと、メインのCPUのみの給電が可能になったことなどでM3版に比べかなり低消費電力にすることが可能です。

イーサネットやUSBホストの工作がしたい場合は
mbed NXP LPC1768

上記以外でバッテリー駆動やUSBデバイスの工作がしたい場合は
mbed NXP LPC11U24

という感じではないでしょうか。

M0版のファーストタッチは以下から
Cortex-M0版mbed ファーストタッチ(その1)
Cortex-M0版mbed ファーストタッチ(その2) USBデバイス機能
Cortex-M0版mbed ファーストタッチ(その3) ライブラリ

M0版もライセンス料とmbedチップ、フラッシュを抜いたmbedと同じ形の互換機があってもいいかも )

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »