« Cortex-M0版mbed ファーストタッチ(その2) USBデバイス機能 | トップページ | mbedで簡単ネットワーク工作 〜ソーシャルツリー〜 »

2011年10月30日 (日)

Cortex-M0版mbed ファーストタッチ(その3) ライブラリ

Cortex-M0版mbedことmbed NXP LPC11U24のサンプルを頂いたので数回に分けてレビュー致します。
(ここでは今までのmbed NXP LPC1768をM3版、レビュー対象のmbed NXP LPC11U24をM0版と略しています。)

M0版とM3版のスペック比較はこちらをご覧下さい。
ファーストタッチ(その1)
ファーストタッチ(その2) USB機能

今度はM3版で使ってるライブラリやベースボードがそのまま使えるか試してみました。
定番のTextLCDGEMMYカードです。

01

結果から言いますと普通に動きました。
GEMMYカードの場合、LANコネクタは直接mbedの端子に繋がっているのでそこに割り当てられているポートは使えません。
もしかしたらLANコネクタはパルストランス内蔵の物なのでそのポートをデジタル出力にしてしまうとまずいかもしれませんね。USBコネクタもホスト機能が使えないので通常の接続ではデバイス機能も使用出来ません。
その他、サーボ接続や赤外線受光部はそのまま使えると思います。

02

普通にデジタル出力をするだけのライブラリなので当たり前と行ったら当たり前ですが^^;

プログラム的にもそのままライブラリを組み込んでAPIをコールしているだけです。
今回はボタンを押すごとにDeepSleepから抜けて変数をカウントアップして表示するようにしています。
DeepSleepのAPIは標準ライブラリに含まれているようでそのまま使えます。
(M3版ではコンパイルエラーになる)


#include "mbed.h"
#include
<TextLCD.h>

TextLCD lcd(p11, p12, p27, p28, p29, p30);
InterruptIn wakeup(p13);

DigitalOut myled(LED1);

int
main() {
    int count = 0;

    wakeup.mode(PullUp);
    wakeup.rise(NULL);

    lcd.locate(0, 0);
    lcd.printf("M0 mbed Test");

    while (1) {
        lcd.locate(0, 1);
        lcd.printf("Count = %d",count);

        deepsleep();

        count++;
        myled =! myled;
    }
}

ちょっと電流を計らなかったので次回はDeepSleepでどのぐらい消費電流が変化しているか見てみたいと思います。

|

« Cortex-M0版mbed ファーストタッチ(その2) USBデバイス機能 | トップページ | mbedで簡単ネットワーク工作 〜ソーシャルツリー〜 »

mbed」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/189587/53119445

この記事へのトラックバック一覧です: Cortex-M0版mbed ファーストタッチ(その3) ライブラリ:

« Cortex-M0版mbed ファーストタッチ(その2) USBデバイス機能 | トップページ | mbedで簡単ネットワーク工作 〜ソーシャルツリー〜 »