« mbed/ARM活用事例: 世界で利用の広まる組み込みマイコンを理解するために | トップページ | Cortex-M0版mbed ファーストタッチ(その1) »

2011年10月26日 (水)

Cortex-M0版mbed

今、mbed.orgではCortex-M0版のmbedの情報が徐々に公開されています。

m0 release

どうやら搭載されるマイコンはLPC11U24になるようです。
LPC11U24のデータシートがNXPオフィシャルで見つからない?ここで見れます)

スペックは以下になる様です。
クロック:48MHz
Flash:32KB
SRAM:8KB
デジタル入出力 x 30
アナログ入力 x 6 (10bit)
UARTx1
SPIx2
I2Cx1
USB(デバイス側)

M3版との比較としては

                                                                                               
 M3版(LPC1768)M0版(LPC11U24)
クロック96MHz48MHz
FLASH512KB32KB
SRAM64KB8KB
デジタル入出力2630
PWM出力6無し⇒8
ここ参照
アナログ入力6(12bit)6(10bit)
アナログ出力1無し
UART31
SPI22
I2C21
USBホスト/デバイスデバイス
LAN1無し
CAN2無し

M0pinout

ピンは互換性があり、今までのmbedベースボードも利用できそうですね。
(但しLANは使えない)

M0版はDeepSleep対応でバッテリを使ったアプリケーションなどで省電力化にも期待できそうです。中央の電源・アクセスLEDもコントロールできるのかな?

M0版もオンラインコンパイラ対応で、上記のペリフェラルの範囲であればM3版と同じソースコードをM0版でコンパイルし直せば動く感じ。

私が書いたトランジスタ技術2011年9月号のmbed 3分クッキング(USBタッチパネル・キーボード)がソースコードそのまま動けば手軽にUSB機器を自作することができますね。

あとは価格がどのぐらいになるかです。

日本だと4200円~4500円ぐらいの値段です。
M0版は廉価版ではなく、低消費電力アプリケーション向け。
サービスを考えると妥当な値段です。

機能やサービスを考えるとM3版もかなり安いと思いますが、趣味人にはちょっと躊躇する値段ですね。
少なくともArduinoやLPCXpressoと同じぐらい価格になってほしいですが、mbedチップとフラッシュ、サービスを考えると厳しいのかな気もします。

とりあえず日本で手に入る様になったらいろいろいじってみたいです。

|

« mbed/ARM活用事例: 世界で利用の広まる組み込みマイコンを理解するために | トップページ | Cortex-M0版mbed ファーストタッチ(その1) »

mbed」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/189587/53087540

この記事へのトラックバック一覧です: Cortex-M0版mbed:

« mbed/ARM活用事例: 世界で利用の広まる組み込みマイコンを理解するために | トップページ | Cortex-M0版mbed ファーストタッチ(その1) »