« mbedのUSB(その1) | トップページ | mbedのUSB(その3) MicroBridge »

2011年8月15日 (月)

mbedのUSB(その2)

USBプロトコルアナライザは高価で趣味で電子工作を楽しんでいる私にはちょっと手に入れられないので、安価なロジックアナライザで試してみることにしました。

購入したのは秋月電子通商等で手に入れられる台湾ZEROPLUS社のLAP-C(16064)です。

このロジックアナライザはUSBでPCに接続して、PCからコントロールが出来るタイプです。
計測した結果をPCに取り込んで通信内容などを解析することが可能で、標準で解析できるのがUARTとI2C、SPIです。

普通のマイコン電子工作ではこれだけあれば十分ですが、現在はキャンペーン中で20ものプロトコルを追加できるとのことです。
その中にUSB1.1がありました!
本体に書いてあるシリアルナンバーとキャンペーン用のIDで追加することが可能で、やり方は販売ページに書いてあります。
(いつまでかはわかりませんが、期間限定とのことで追加したいものがあれば早めにやったほうがいいかもしれません。)

とりあえず、mbedをUSBホストにしてUSBキーボードとmbed間の通信を見てみました。
2
USBの中継は同じく秋月電子通商で買いました。

Untitled_2
設定は10MHzの64KBです。
細かいプロトコルの意味などは解析されませんが、ここまで出てくればUSBの仕様書を片手にすればやりとりがわかります。
他の用途にも使えるし、この値段でここまでできればいいですね。

|

« mbedのUSB(その1) | トップページ | mbedのUSB(その3) MicroBridge »

mbed」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/189587/52485060

この記事へのトラックバック一覧です: mbedのUSB(その2):

« mbedのUSB(その1) | トップページ | mbedのUSB(その3) MicroBridge »