« ものづくり系ベンチャー飲み会 | トップページ | うおーるぼっとPS3 »

2011年6月15日 (水)

進化するmbed開発環境

Dsc01199
日を追うごとに使いやすくなっていくmbedの開発環境。
去年、私がファーストタッチした頃と結構変わってきています。

そして、まだベータ版ですがバージョン管理の機能が加わる様です。

ちょっと使ってみましたが、バージョンごとのソースコードが残るのと
前バージョンとの差分もチェックできるので使い勝手は良さそうです。

ベータ版の使い方は、まずログインするとmbedのロゴの右あたりにベータ版情報がでてるので「Beta test the new mbed.org」をクリックします。
Top

次に下のページが出てくるので「Enable bata mode」をクリックします。
Enable

すると下のページになってベータ版モードになります。ベータ版を終了したいときは「Beta mode」の後の(exit)をクリックすれば戻ります。
Enable2

「Complier」ページは下のように変わります。
バーの部分に「Commit」や「Revisions」が加わっているのがわかります。
パブリッシュしてるコードの状況も表示されて便利ですね。
Workspace_top

プロジェクトを選び、試しにCommitしてみました。
Commit時にコメントも付けられます。
ちょっとコードを変更してCommit。
「Revisions」で歴代のバージョンが表示されます。
Commit

コードの差分をチェックしたり、前のバージョンに戻すこともできます。
Sub

まだベータ版なのでバグレポート報告ボタンも付いていますね。

|

« ものづくり系ベンチャー飲み会 | トップページ | うおーるぼっとPS3 »

mbed」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/189587/51953659

この記事へのトラックバック一覧です: 進化するmbed開発環境:

« ものづくり系ベンチャー飲み会 | トップページ | うおーるぼっとPS3 »