« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »

2011年5月29日 (日)

ものづくり系ベンチャー飲み会

ものづくり系ベンチャー飲み会に行ってきました。
(イベントは終了しています。)

参加者の方々は半分ほど知った顔。

やっぱりこういうイベントは楽しすぎます。
アツい技術者の同士のトークはイイですね。
毎度、新鮮なネタや新作が楽しみです。

そして、いつも帰るのが惜しくなります。
いつも通り最寄りまで終電には間に合わない訳ですが。
(会社は遠くなるけど都内に住みたい)

私はプレゼン枠を頂き、構想試作中のネタをプレゼンしてきました。
枚数が少ないので画像でプレゼン資料をアップしときます。
(クリックすれば大きくなります。)

001 002
003

フリーザーなうの詳細

004

Ustreamオンエアランプの詳細

005

↓流していたうおーるぼっとの紹介ムービー

008

009

010

壁にを走り、人を追いかける自走式インフォメーションディスプレイや
ネット経由で遠隔操作で◯◯などの応用を考えています。

うおーるぼっと自体はちょっと古ネタですが思いのほかウケが良くてよかったです。
会場ではいろいろお話をいただけました。

P.S.
この会場、食べ物がおいしかったです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月25日 (水)

うおーるぼっとAP

キット化に向けて最終的な設計の見直し中のうおーるぼっとですが、
企画だけや形にだけした中間バージョンが多数あります。

次回作はちょっとまともな形で企画中なので久々に新作をアップ
(まだ形になっていませんが・・)

壁を走る自走式ディスプレイ
うおーるぼっとAP

↓はイメージのプロットです。
Selfpropelleddisplay_2
試作は8年前に作ったロボットをベースに。
あとはADKに対応してるAndroid Tabletを手に入れなければ・・。
実はこれ、最近いろんなことに手が回ってないのでチーム開発
したいと思ってる代物です。

----------------------------------------------------------
2011.05.25 追記

とうとうmbedをADK化された方が!
mbedをADKクローンにしたい
ありがたや。
まだ動作が完璧では無いようなので、みんなで完成させていこう〜!
ってmbedならではのノリで

私も早く動くAndroidマシンを手に入れて試してみたいところです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月23日 (月)

うおーるぼっとの作り方 その7

Wiiリモコン x Buletoothドングル x mbedで作る!
壁を走るロボットのうおーるぼっと
その作り方の記事がエレキジャックのホームページで公開されています。

壁を這うロボット<1>
mbedコミュニティの紹介

壁を這うロボット<2>
Bluetooth実験回路と使用できるBluetoothドングルの紹介

壁を這うロボット<3>
mbedでBluetoothが扱えるBlueUSBの組み込み方とWiiリモコンとの通信方法

壁を這うロボット<4> New!
BlueUSBのWiiリモコン通信部分の解説

壁を這うロボット<5> New!
Wiiリモコンに対してLEDやバイブレーションの指令を出す方法。

壁を這うロボット<6> New!
うおーるぼっとの足回りの紹介。

壁を這うロボット<7> New!
うおーるぼっとの回路図とプログラムの解説。

うおーるぼっとについてはこちらへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月22日 (日)

簡単マイコンmbed入門講座

お手軽簡単マイコンmbedのファーストステップを体験してもらおうとガジェットカフェワークショップを開催しました。

今回は2時間のショート編。

今回用に作成したテキストをベースに
mbed単体でLチカからシリアル通信まで。

途中、面白いプログラム作った参加者の方にプログラムをパブリッシュしてもらい、みんなでその動きやプログラムを確認するなど、Web開発が特徴的なmbedの利点を体験してもらいました。

詳しくはUstreamのアーカイブと関連するTLをご覧下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月19日 (木)

iPad2

今度はiPad2が届いたので、さっそく使ってみました。

Dualコアで高速化、カメラも付いたiPadで最初にしたことは・・。

mbedと接続〜w

Dsc01165
カメラコネクションキットでmbedをUSBキーボードに見立てて接続。
センサーとかで何かができるかも。

今回は刻印を入れてみました。(思ったより小さかった)
Dsc01168
短期間で次々進化し続けるデジタルガジェット。
新しいものが好きな私はつぎつぎ買い替えてしまいますが、
これなら愛着も。

いろいろソフトを入れてみましたが、
とりあえずはクラウドプレゼンツールのPreziで作った資料が見れる。
Prezi Viewerがお気に入りです。
Img_0003 Img_0002
タッチでさくさく操作出来ます。

もし使い勝手のいいアプリを見つけたらレビューしてみたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月17日 (火)

iPad修理

先日iPad2が日本でも発売され、私もオンラインショップで刻印入りを注文しました。

それとは別にひょんなことから水没して壊れたiPadを手に入れました。

電源を入れても何も表示されない上、パソコンに繋いでも認識されない状態で、中身見て部品を取ろうかなぐらいの勢いだったわけですが。

中を開けてちょこちょこいじっていたらパソコンから認識されるようになり、画面もよく見たら映っていました。

Img_2058
水滴が見えるのは乾いてない訳じゃなく壁紙ですw。

どうやらバックライト用のLEDが点灯していない様子で、バックライト用の配線を調べてみるとLEDは点灯するので昇圧しているDC-DCが十分な電圧を出していない様子でした。

Img_2057

なので、別の電源を繋げば無事点灯しました。

Img_2066

DC-DCコンバータを修理してもよかったんですが、手持ちの部品が無かったのとiPad2を買ったのでそのまま家用に別電源で使うことにしました。

Img_2077

iPadにドリルを通すのもなかなか無い体験?

Img_2075

やっぱりiPadは良い作りしてますね。
結構、バラバラにして中身を引っ掻き回しましたが動くようになりました。

ここでは、たまたま動くようになりましたが壊れた場合はAppleに修理を頼みましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

うおーるぼっとの作り方 その6

Wiiリモコン x Buletoothドングル x mbedで作る!
壁を走るロボットのうおーるぼっと
その作り方の記事がエレキジャックのホームページで公開が始まりました。

壁を這うロボット<1>
mbedコミュニティの紹介

壁を這うロボット<2>
Bluetooth実験回路と使用できるBluetoothドングルの紹介

壁を這うロボット<3>
mbedでBluetoothが扱えるBlueUSBの組み込み方とWiiリモコンとの通信方法

壁を這うロボット<4> New!
BlueUSBのWiiリモコン通信部分の解説

壁を這うロボット<5> New!
Wiiリモコンに対してLEDやバイブレーションの指令を出す方法。

壁を這うロボット<6> New!
うおーるぼっとの足回りの紹介。

うおーるぼっとについてはこちらへ

次回は、回路とプログラムの紹介です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月14日 (土)

トラ技オフ会

先日はガジェットカフェ で開催されたCQ出版トランジスタ技術編集部公式のトラ技オフ会に行ってきました。

Dsc01036

初のトラ技の中の人と読者の交流イベント!
トラ技の編集長からの開催のお言葉から始まり、今回はARMに関する製作物を持ち寄って自慢しよう!ということで先月発売されたトラ技増刊 超小型ARMマイコン基板 2011年 04月号 [雑誌]の著者である圓山宗智氏のプレゼン。

Dsc01040

Dsc01044
こちらは、圓山氏が製作したという「StarFinder」
空に向けると、GPSや6軸のセンサを駆使してその方角の恒星や惑星を有機ELのディスプレイに表示するとのこと。
ソフトウェアで様々な計算をして算出しているとのことで、すごすぎる・・。

Dsc01058
電子工作は究極の自己満!

なんと今回のイベントはこの当日発売のトランジスタ技術が全員に配られました!

その他にも4名のショートプレゼンや交流会が行われました。

Dsc01062

Dsc01067

Dsc01094

詳しくは当日の中継がアーカイブされています。

実は、私も当日にショートプレゼンを申し込み、一応ARMということでmbedでプレゼンを行いました。
プレゼン資料は↓です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月10日 (火)

うおーるぼっとの作り方 その5

Wiiリモコン x Buletoothドングル x mbedで作る!
壁を走るロボットのうおーるぼっと
その作り方の記事がエレキジャックのホームページで公開が始まりました。

壁を這うロボット<1>
mbedコミュニティの紹介

壁を這うロボット<2>
Bluetooth実験回路と使用できるBluetoothドングルの紹介

壁を這うロボット<3>
mbedでBluetoothが扱えるBlueUSBの組み込み方とWiiリモコンとの通信方法

壁を這うロボット<4> New!
BlueUSBのWiiリモコン通信部分の解説

壁を這うロボット<5> New!
Wiiリモコンに対してLEDやバイブレーションの指令を出す方法。

うおーるぼっとについてはこちらへ

上記ホームページでは、うおーるぼっとのハードウェア解説なども順次公開されていく予定です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月 7日 (土)

うおーるぼっとキット化への道 6話 追記

うおーるぼっとキット化への道 6話 の追記です。
mbed用ロボットベースボードとしての紹介ムービーを作りました。

Wiiリモコンで操作!うおーるぼっと編です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月 6日 (金)

うおーるぼっとの作り方 その4

Wiiリモコン x Buletoothドングル x mbedで作る!
壁を走るロボットのうおーるぼっと
その作り方の記事がエレキジャックのホームページで公開が始まりました。

壁を這うロボット<1>
mbedコミュニティの紹介

壁を這うロボット<2>
Bluetooth実験回路と使用できるBluetoothドングルの紹介

壁を這うロボット<3>
mbedでBluetoothが扱えるBlueUSBの組み込み方とWiiリモコンとの通信方法

壁を這うロボット<4> New!
BlueUSBのWiiリモコン通信部分の解説

うおーるぼっとについてはこちらへ

上記ホームページでは、Wiiリモコン側LEDの変更の仕方やバイブレーションの制御方法、うおーるぼっとのハードウェア解説なども順次公開されていく予定です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月 5日 (木)

樹脂染め

前に注文して作ってもらったアクリル板 に色を加えたかったので樹脂用の染料で染めてみました。
樹脂用の染料は新宿の東急ハンズで購入。ハンズの通販でも買える様です。

Dsc00975
Dsc00976

今回は青を買いましたが、他にも赤や黄色、黒などもあります。
昔作ったこのロボットの足やギアもこれで染めたものです。

まずはこの染料と水を1:20の割合で混ぜ混ぜ〜。
Dsc00983 Dsc00981 Dsc00985

アクリル板の場合は70℃まで暖めてから入れます。
Dsc00991
このとき体に良くないっぽい気体が発生するのでよく換気します。

そして、2〜5分ほど待つと完了です。
Dsc00993
待ち時間に応じて濃さが変わります。
写真は手前から2分、4分、5分。
Dsc01002

ムラなく綺麗に染めることができました。
Dsc01007

100円ショップのケースとかも染められるので、気に入った色がなければ染めるのも手かも。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2011年5月 4日 (水)

mbed を楽しむ日記 6日目

前回の日記 ではBluetoothのSPPを試していましたがまだうまく動かず、力技でパソコンにSPP対応のデバイスとして認識させないとNGです。

ってとこで気分転換(飽きっぽい私はこればっかやってたわけじゃありませんが)にNXP mbed Design Challengeで2位のAndrew Levido氏のmbed用リアルタイムOS「mbos」をとりあえずサンプルでLチカしてみました。

ライブラリとサンプルコードはここで公開されています。

APIではタスク管理やイベント、タイマーなどが提供されています。

サンプルコードではタスクを2個とタイマーを1個生成し、各タスクは以下の動きを繰り返す様になっています。

・タスク1
 タイマーイベント待ちで、LED1を点滅しタスク2を動かすイベントをセットする。

・タスク2
 イベント待ちでタスク1から起動される。LED2を100ms間点灯する。

サンプルコード

Dsc00971
Lチカ〜。写真じゃなにも伝わりませんがw。
最近、ちょっと試すときはGEMMYカードがボタン&ケース付きでお気に入り。

ちょっと規模の大きいプログラムでいくつもの機能を実装する場合は、これを使えば作りやすいかもしれないですね。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月 1日 (日)

うおーるぼっとキット化への道 6話

Dsc00884 Dsc00932
先日、行われたエレキジャックフォーラムではプロトタイプとして販売したうおーるぼっと。
5月か6月には若松通商よりキットとして販売する予定です。

それとは別に調整した完成版としての注文を受けています。

完成版はライントレーサー学習向けベースロボットと壁走りロボットの2タイプを用意しています。
Dsc00937
ライントレーサー学習向けベースロボット

Dsc00946
壁走りロボット
こちらはリチウムポリマー電池&充電器搭載

↑この写真でうおーるぼっとがくっついている壁は中ペン塗装店様のマグピタックルシートというもので貼るだけで磁石がくっつくうおーるぼっととは相性ピッタリの製品です。

Dsc00956
ベニヤ板に貼ってあるマグピタックルシート

また、同社には塗るだけで磁石がくっつく壁になるモノも!
Dsc00958 Dsc00959

これで後からでもうおーるぼっとがくっつく壁になりますw。
普通な用途でも小物入れや画鋲を使わずにポスターなどが貼れる壁になるこれらは便利ですね。

完成版はもうすぐ出荷予定です。
キット版はもう少々お待ちください。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »