« Arduinoで遊ぶ会 | トップページ | うおーるぼっとの作り方 その2 »

2011年2月 9日 (水)

シンプルなArduino互換ボード Duino-V その2

前回は、LEDを光らせただけですが今度はコンデンサマイクとアンプ回路を追加して、音の大きさをLEDで表現するようにしました。

コンデンサマイクは音つまり空気の振動を静電容量の変化に置き換える部品。
抵抗を介して電圧をコンデンサマイクに加えることによって、静電容量の変化を電圧の変化に変えます。
その変化は微量なのでアンプによって増幅してからDuino-Vのアナログ入力に入れます。

表にコンデンサマイク
Img_1598

裏には定番のオーディオアンプIC LM386
前回、何も考えず作ったのでICを貼付けて空中配線。
Img_1596

LEDがちょっとまぶしいのでスモークのプラ板を加工して取り付けます。
まずはPカッターで切り取り
Img_1582

そして、穴あけ
(今回は図面を書かず、手を抜いて現物合わせ)
Img_1592

大きい穴は以前も紹介したステップドリル
Img_1590

ネジは六角穴付きの低頭ネジ
(以前はネットショップで買ってたが、最近ホームセンターでも売ってる)
Img_1588

プラナットで組み立て
Img_1594

アナログ入力で読み取った値をLEDの点灯で表現するようにプログラム
とりあえず単純にレベルメータ。
Img_1620

次は表現方法を変えてみよう〜!かな?

2011/2/9 追記
このDuino-Vはスイッチサイエンスで購入することができるようです。
Duino-V rev.1 キット(328P別売)
Duino-V rev.1 完成品

|

« Arduinoで遊ぶ会 | トップページ | うおーるぼっとの作り方 その2 »

Arduino」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/189587/50782509

この記事へのトラックバック一覧です: シンプルなArduino互換ボード Duino-V その2:

« Arduinoで遊ぶ会 | トップページ | うおーるぼっとの作り方 その2 »