« オクダケGPSロガー万歩計 製作日記その2 | トップページ | Facebook »

2011年1月22日 (土)

シンプルなArduino互換ボード Duino-V その1

ひさびさのArduinoネタです。

フリーザーなううおーるぼっと(Arduino版)以来、Arduinoネタはあまりブログに書いていませんがいろいろ作っています。

今回は@lynxeyed_atsuさんが設計されたMetaboard互換ArduinoボードDuino-V(詳しくはこちら)をレビューしてみたいと思います。

Sany0142

黒レジストのコンパクトなボード。
そして、端子を見てのとおりUSBに直接刺さります。

Sany0143

USBは直接AVRのポートに接続され、ファームウェアにMetaboardを使うことでUSB-シリアル変換デバイスを使わずにArduinoIDEからスケッチを書き込むことが出来ます。

そのため回路はとてもシンプルに仕上がっています。

Sany0145

ピンヘッダを付ければブレッドボードにも取り付けられるので実験も可能、且つコンパクトなので応用はいろいろ出来そうです。

今回はピンソケットを上向きに取り付けて、私はあまり作ったことの無い光りモノ基板を拡張してみます。

Sany0149

ユニバーサル基板を切り取り、チップ抵抗とチップLEDをワイヤリングペンで配線

Sany0146

Duino-Vに取り付け、とりあえず順番に光るようにして動作確認。
USB出力のACアダプターやUSBバッテリーに直接さして使うのも良いかも。

Sany0148

Duino-Vにあわせて載せた基板も黒く塗ってみました。

シンプルクールDuino-Vを送ってくださった@lynxeyed_atsuさんに感謝です。

拡張した基板に後々、コンデンサマイクオペアンプを載せて、音レベルをLEDで表現したいと思います。




|

« オクダケGPSロガー万歩計 製作日記その2 | トップページ | Facebook »

Arduino」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。

この16ピンのピンソケットって、どこで入手されましたか?もし宜しければお教えください。

投稿: ONO | 2011年1月26日 (水) 23時08分

>ONOさん
写真のは20ピンのピンソケットを切って、ヤスリをかけたものです。
16ピンは見たこと無いですね。

投稿: じぇーけーそふと | 2011年1月27日 (木) 06時35分

こんにちは。

ネットで少し探してみたのですが見つからなかったのです (^_^; 。僕も20ピンの物を買って、削ってみますね!ありがとうございました。

投稿: ONO | 2011年1月27日 (木) 10時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/189587/50652995

この記事へのトラックバック一覧です: シンプルなArduino互換ボード Duino-V その1:

« オクダケGPSロガー万歩計 製作日記その2 | トップページ | Facebook »