« mbed を楽しむ日記 3日目 | トップページ | mbedを書く日記 »

2010年7月25日 (日)

mbed を楽しむ日記 番外編1

今回はmbedと同じマイコンが載ってるLPCXpresso LPC1768を試してみました。

01
これがパッケージです。

02

中身は細長いボードで、デバッガであるLPC-Link モジュールとLPC1768のボードが一枚の基板に収められています。
構成的にはLPCXpresso LPC1114LPCXpresso LPC1343と似ていますが、LPC1768版にはLAN PHYデバイスも実装されているようです。

配線上は真ん中で切り離せるようですが切り離すためのスリットは入っておらず、切り離すには工夫が要りそうです。


なんといっても確かめたいのはmbedとのコードの互換性。

mbedとコードが互換していれば、ライブラリが豊富でプログラムが簡単にできるmbedの開発環境を流用することができます。

LPCXpresso LPC1768はまだ日本で売られていませんが、mbedより安価になるものと思われます。
mbedでプログラム開発をして、LPCXpresso LPC1768で組み込むという流れでも良いかもしれないですね。

まずは、LPCXpresso LPC1768にプログラムを書き込むための環境を構築。
LPCXpresso LPC1114の場合ですが、詳しい構築方法はこちらに書かれています。
LPCXpresso LPC1768でも同様です。

オフィシャルページからユーザー登録をして開発環境をダウンロード、ちょこちょこ設定という流れです。
最近のプロトタイピングツールになれるとちょっと面倒な感じです。

Photo

Photo_2

そして、LPCXpresso LPC1768をUSBで接続して、プログラムを書き込みます。
プログラムはとりあえずLEDチカチカ。
LEDが接続されているポートはmbedと異なるのでそれだけ変更してプログラムを作りました。

4

03

とりあえず何の問題も無く動きました。

次に前にmbed向けに作った、タッチパネル付きカラー液晶のプログラムをそのまま書き込んで試してみます。
mbedとピン配列が互換しているためそのままつなぎました。

04

こちらもそのまま無事動きました。

ハードウェアでmbedとLPCXpresso LPC1768の違いは以下の点になると思います。

・動作チェック用のLEDの数と繋がれているポートの違い。
・LAN PHYデバイスの型番の違い。
・mbedではファイルアクセスができるEEPROMがある。

他にもあるかもしれませんが気づいたのはこの点です。

LANはPHYが違うだけなのでプロトコルスタック等は流用できると思います。
次はLANも試してみたいと思います。

|

« mbed を楽しむ日記 3日目 | トップページ | mbedを書く日記 »

mbed」カテゴリの記事

コメント

はじめまして、こんにちは。
このボードはどこで購入したものでしょうか。よかったら教えてください。

投稿: sakana | 2010年9月12日 (日) 02時09分

>sakanaさん
はじめまして、コメントありがとうございます。
私のは頂き物ですが、Digi-Keyで買うことができる様です。
日本では秋月電子通商で販売予定みたいです。

投稿: じぇーけーそふと | 2010年9月12日 (日) 02時42分

返答ありがとうございます。
Digi-Keyというところだと送料がかなり
かかるようなので秋月電子で買って
みようかとおもいます。

投稿: sakana | 2010年9月12日 (日) 04時15分

mbedとの比較記事が以下のサイトにもありました。
http://www.page.sannet.ne.jp/kenjia/LPC1768_mbed_Xpresso.html

投稿: たまねぎ | 2010年11月 1日 (月) 20時22分

>たまねぎさん
情報ありがとうございます。
参考にしてみます。

投稿: じぇーけーそふと | 2010年11月 1日 (月) 20時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/189587/48972595

この記事へのトラックバック一覧です: mbed を楽しむ日記 番外編1:

« mbed を楽しむ日記 3日目 | トップページ | mbedを書く日記 »