« mbed を楽しむ日記 2日目 | トップページ | はんだづけカフェ グランドオープン! »

2010年5月 4日 (火)

うおーるぼっと その2 重力体感型の操作性

うおーるぼっとをWiiリモコンで操作できるようにするためにWiiRemoteプログラミングという本を参考にして、とりあえずWiiリモコンの十字キーで操作できるようにしてみました。

↓こんな感じです。


直接繋がって操作してるように見えますが、WiiリモコンはパソコンとBluetoothで繋がっていて、パソコンからZigbeeという無線通信でロボットと繋がっているので若干めんどくさい感じになってます。

次回はWiiリモコンの傾きで操作できるようにしてみたいと思います。

|

« mbed を楽しむ日記 2日目 | トップページ | はんだづけカフェ グランドオープン! »

うおーるぼっと」カテゴリの記事

コメント

すごい!
お買い上げありがとうございます。

投稿: aki | 2010年5月10日 (月) 10時27分

ウォールボットとは考えましたね!

鉄板の扉?があるとは驚きです。

投稿: DKR | 2010年10月26日 (火) 10時14分

>DKRさん
冷蔵庫の扉とかホワイトボードなど、鉄板は一般的なところに有りますよ〜。

投稿: じぇーけーそふと | 2010年10月26日 (火) 10時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/189587/48270111

この記事へのトラックバック一覧です: うおーるぼっと その2 重力体感型の操作性:

« mbed を楽しむ日記 2日目 | トップページ | はんだづけカフェ グランドオープン! »