« mbedを楽しむ日記 1日目 | トップページ | mbed を楽しむ日記 2日目 »

2010年4月29日 (木)

うおーるぼっと その1 起案

今年はMake: Tokyo Meeting 05に出展することも決まり、ネタは何が良いかと悩んでいたところ・・。
去年作った壁を走るライントレーサーが一般向けにウケが良かったことを思い出しました。

ということで新作の壁ライントレーサー「うおーるぼっと」を作ることにしました。
それでカタチになったのがこれ↓


Wallbot

去年のものよりも手に入りやすい100円ショップの磁石を使用し、フレームは自作。マイコンボードはArduino FIOを使っています。
Arduino FIOを使うことでリチウムポリマーが容易に使えるのと、Xbeeを取り付けることで無線通信も簡単に行うことができます。

ただ去年と同じようにライントレースさせるだけれはつまらないので以下のコトも考えてます。

迷路抜け
壁にビニールテープで作った迷路を抜ける。(自動的に)

走りぬけゲーム
これまた壁にビニールテープで作ったコースをビニールテープに当たらないように操作して走らすゲーム。
うおーるぼっとは常に前進するようにして、Wiiリモコンをハンドルのように操作して左右を調整する。

もう勝手に操作してください
うおーるぼっとをU-streamで中継して、twitterのつぶやきで操作してもらう。


などなどです。

このうおーるぼっとは黒板やホワイトボードで遊べるので、プログラミングやセッティングを簡単にできるようにして小中学生向けにミ○四駆を超えるブームを起こしたいですね。・・・って言ってみたり。

|

« mbedを楽しむ日記 1日目 | トップページ | mbed を楽しむ日記 2日目 »

うおーるぼっと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/189587/48213766

この記事へのトラックバック一覧です: うおーるぼっと その1 起案:

« mbedを楽しむ日記 1日目 | トップページ | mbed を楽しむ日記 2日目 »