« リプロ製品アイディアコンテストで総合グランプリに輝きました! | トップページ | うおーるぼっと その1 起案 »

2010年4月28日 (水)

mbedを楽しむ日記 1日目

4/24に行なわれたエレキジャックフォーラムでmbedというプロトタイピングなマイコンボードを購入しました。

Pic2

以前からほしいとは思っていたのですが、秋月のブースで今ならテスターが付いてくると言われ買ってしまいました。

マイコンはNXPセミコンダクターズのUSB内蔵マイコンLPC1768でスペックは下記になります。

クロック:72MHz(設定で100MHzでも動く?)
フラッシュ:512KB
SRAM:64KB
ペリフェラル:USB、Ethernet、SPI、I2C、UART、CAN、ADC、DACなどなど

まずマイコンボードを買うと開発環境やプログラムを書き込む方法に悩みますが、mbedは悩む必要が全くない!

なぜならクラウドサービス上で開発することができる!

パソコン、OS等も選ばない!(もしかしてAndroid上でもできるのかな?)

環境や作ったものはすべてクラウド側に保存されるので開発の続きをマンガ喫茶や会社などで行ってもOK。

またペリフェラル&関連するライブラリも多様で、LANのコネクタを買ってくればネットにもすぐ繋がります。

いいことばっかり書いてますが当然パソコンがネットに繋がっていないと開発できませんし、便利な分、自由度が下がってる部分もあると思います。

何はともあれ紹介していきましょう~。

それではとりあえず開封から開発環境の準備、コーディング、プログラム書込み、LED点滅までの流れを紹介します。


①開封~! 箱の中身はこんな感じ。ステッカー&ポート表カードまで付いてます。
(ステッカーは即PCに貼ってしまったため写真には含まれていませんw)

Pic1

早速、PCに繋いじゃいましょう~。USBでPCに繋ぐ。

Pic3

③USBのドライバインストールは自動的に行われ、mbedはUSBメモリなどと同様にドライブとして認識される。基板裏に付いてる2MBのフラッシュが見えてるようですね。

Pic4

④mbedの中のMBED.HTMを選ぶとブラウザが立ち上がりログイン画面になります。

Pic5

⑤初めての場合はアカウントを作ってログインします。

⑥ログインしてCompilerというタグをクリックします。

⑦そうすると開発画面が出てくるのでここでコードを作ってコンパイルします。

Pic6

一般的な開発画面と同じですね。左にプロジェクトツリー、右にエディタ、その下にメッセージウィンドウ。
上のメニューにCompileというのがあるのでここをクリックするとコンパイルが始まります。

プログラムを書くのはWeb上のエディタでできますが、普段使ってるエディタでプログラムを書いてからWeb上の開発環境にアップすることもできます。
Web上のエディタでもコピペは「Ctrl+C」などでも右クリックメニューでも行なえますし、オートインデントもしてくれるので難なく使えます。

⑧コンパイルが終了して、メッセージウィンドウに「Success」と表示されていればバイナリのダウンロードが自動的に始まります。

Pic7

⑨ダウンロードが終わったらmbedのドライブ直下に置きます。

Pic8

⑩そうしてmbedのリセットキーを押すと今置いたプログラムが動きます。

Pic9

Pic10

いろいろな開発環境を使ったことがありますが、ここまで快適なのは初めてです。
プログラムを焼くのでは無く、「ドライブへ置く」で済むのはスムーズでかなり画期的ですね。

ペリフェラリを使ったり、LCDなどを制御できるライブラリはいろいろ公開されています。
Web上の開発環境への取り込みも簡単にできるようなので今後紹介していきます。

|

« リプロ製品アイディアコンテストで総合グランプリに輝きました! | トップページ | うおーるぼっと その1 起案 »

mbed」カテゴリの記事

コメント

初めての使用です。
TEST プログラムをコンパイルし、リセットをして、見事に動くことを確かめ、LED4も快適に動かすことができ、LED1_4のwaitを代えコンパイルはでき問題はなかったのですが、リセットしても動きません。2,3度やっても同じなのです。エクスプローラで,mbedを開くと、今までのテストしたプログラムがあり、そのほかに2.64GBのUSBC†P。J(ファイル?)
種類:ファイル、属性:Nと出てきました。
このファイルをエクスプローラで削除しようとしても,ファイル名がありません,削除できません。と表示されます。他のファイルは、削除できるのですが、その後新しいプログラムをコンパイラしても、ファイル名は登録できるのですが,ファイル容量表示は0KBと表示され、動作しません。壊れたのでしょうか、formatでもすれば直るのでしょうか?
よろしくご指導お願いすることはできるのでしょうか?

投稿: ヤッチャン | 2011年6月20日 (月) 14時13分

>ヤッチャンさん
状況からするとmbedのファイルシステムが壊れてそうな挙動ですね。
パソコン等でフォーマットすれば直ると思います。

投稿: じぇーけーそふと | 2011年6月20日 (月) 18時04分

情報ありがとうございました。
解決しましたが、理由は不明です。
解決内容は、ダウンロードをWindows7でするとファイルが及びファイル名がおかしくなり、mbedをリセットしても動かない。WindowsXPでダウンロードすると正常動作をする。
USBの仕様に問題があるのか? USB2.0 or USB3.0の問題かもしれませんね。?
今はWindowsXPでダウンロードして使用してます。68歳です。

投稿: ヤッチャン | 2011年6月22日 (水) 10時30分

電子回路は初めてですが興味があってmbedを購入したのですが、HelloWorld.binが開かずtestまで到達できません。
パソコンはwindows7です。どうすればよいのでしょうか?

投稿: sin | 2012年5月 2日 (水) 17時15分

>sinさん
HelloWorld.binが開かないというのはダウンロードできないということでしょうか。
HelloWorld.binのボタンをクリックするとダウンロードが開始されます。
ダウンロードが開始されないということであればはパソコンのセキュリティソフトのせいかもしれません。

投稿: じぇーけーそふと | 2012年5月 2日 (水) 18時46分

早速のご回答ありがとうございます。
HelloWorld.binの画面をたたくと
HelloWorld LPC1768bin
このファイルの種類を開くプログラムを選択してください
適切なプログラムをwebで探すことができますという画面がでて、何度か試みるのですがどうにも先に行かない状態です。

投稿: sin | 2012年5月 4日 (金) 12時15分

>sinさん
保存というボタンはありませんか?
なければHellowWorld.binの上で右クリックして、出てくるメニューのリンク先を保存するを選んでファイルをダウンロードしてください。
そして、mbedをUSBでパソコンに繋ぐとUSBメモリの様にドライブとしてみえるので、そこにダウンロードしたファイルを入れ、mbed上のボタンを押せば動きます。

投稿: じぇーけーそふと | 2012年5月 4日 (金) 12時57分

ご指導ありがとうござました。
指摘されたようにしましたら無事動きました。
感激です。
これで、boad orangeごと倉入りせずにすみました。
ありがとうございました。
今後とも宜しくお願い致します。
以上

投稿: sin | 2012年5月 4日 (金) 15時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/189587/48201751

この記事へのトラックバック一覧です: mbedを楽しむ日記 1日目:

« リプロ製品アイディアコンテストで総合グランプリに輝きました! | トップページ | うおーるぼっと その1 起案 »