« Engineer Award 2009 Beautoロボコングランプリ 最終話 | トップページ | フリーザーなう 製作日記 VOL.2 »

2010年1月26日 (火)

フリーザーなう 製作日記 VOL.1

この日記では冷蔵庫の中身をTwitterでつぶやく「フリーザーなう」の製作過程を
紹介していきます。

~製作日記 VOL.1~

数年前から広まりつつあるArduino(アルドゥイーノ)という誰でも簡単に電子工作を楽しめるデバイスがあり、電子工作以外の雑誌などでも取り上げられたりしています。
(「Arduino」でググるといろいろでてくると思います。)

これの互換ボードを使って導電性の糸で布に縫うことで回路を組むテクノ手芸というのもあったり、いままで電子工作をしなかった人達に広まりつつあります。

またシールドとよばれるボードを乗っけることでインターネットにアクセスしたり、モーターをコントロールすることもできるようになるので、情報系や機械系のエンジニアにもおすすめ。

逆に電子工作やマイコン制御が得意な人はシールドやライブラリを自作して公開しています。

そんな私はArduinoとタッチパネルと液晶を使って、何か作れないかなと思い立ち
とりあえずArduinoで液晶の制御を始めました。

使った液晶はリプロ電子さんのe-DISPというものでリユースのカラー液晶を使用
しているので性能のわりに安価(5000円)です。

シリアル1ピンで制御できるというのと漢字フォントを内臓しているので簡単に
文字を表示させることができます。
またエスケープシーケンスで図形なども描画できるので簡単な絵を表示することもできます。
動画や写真などを表示するのは命令と速度の関係で無理だと思います。

e-DISPのArduino用のライブラリを作り、とりあえず表示させてみました。
1397993525_130

いろいろ表示されてますがただ表示させただけです。

ライブラリはソフトシリアルで制御するようにしました。
出力するピンを自由に選ぶことができます。
その代わり、9600bps固定になっています。

下記の様なコードで制御することができます。


#include "e_disp.h"

#define txPin 3



e_disp dsp = e_disp(txPin);



void setup()
{
delay(500);
dsp.begin();



//カーソルを消す
dsp.cursor(false);
//表示レイヤ指定
dsp.layer(0);
//四角を表示
dsp.rect(0,0,78,319,96,RED);
//塗り潰し四角を表示
dsp.fillrect(0,0,225,320,15,GREEN);
//線を引く
dsp.line(0,0,0,319,239,YELLOW)
//文字表示色を指定
dsp.font_color(F_GREEN);
//位置を指定して文字を表示
dsp.locate(5,5,"ハロー・ワールド!");
//文字の表示スタイルを指定
dsp.font_style(F_FLASH);
//位置を指定して文字を表示
dsp.locate(7,6,"Hello, world!");
}



void loop()
{



}

このライブラリはもうちょっとまとめてから公開したいと思います。
次回へ続く・・・。

|

« Engineer Award 2009 Beautoロボコングランプリ 最終話 | トップページ | フリーザーなう 製作日記 VOL.2 »

Arduino」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/189587/47594326

この記事へのトラックバック一覧です: フリーザーなう 製作日記 VOL.1:

« Engineer Award 2009 Beautoロボコングランプリ 最終話 | トップページ | フリーザーなう 製作日記 VOL.2 »